メリットとデメリット

公務員になるために学ぶ方法には、専門学校に通う他にも、通信教育や独学などという方法があります。その中でも、専門学校を選択するメリットは何でしょうか。そして、デメリットはあるのでしょうか。専門学校のメリットとデメリットをご紹介します。

メリットとしては、やはり資格取得に向けて無駄なく効率の良い学習をすることができるということです。特に公務員試験は、広く浅く学ぶことが重要であるため、ポイントを絞って学習していかなくてはいけません。多くの合格者を排出している専門学校は、そのノウハウをよくわかっているため、合格に必要な勉強方法のポイントを絞って学んでいくことができます。学校が組んでくれた授業をこなしていけばいいという安心感もあるため、自己管理が苦手な方には特におすすめです。

デメリットとしては、通うために高額なお金がかかることと、学校に通うためにまとまった時間が必要になるということです。学校によっても異なりますが、それなりにまとまった費用が必要となります。自分でテキストを購入するだけで良い独学に比べると、何倍もの費用がかかってしまいます。また、学校に通うための通学時間や、授業に出るために比較的まとまった時間が必要となります。仕事をしている人や、大学などに通っている人の中には、自由な時間が確保できないというストレスが出てくるかもしれません。そういう場合は、通信教育を選んだ方が、時間の自由が利くようになります。