学校の選び方

公務員試験合格のための専門学校はたくさん存在しています。全国展開をしている大手もあれば、地域に密着した学校もあります。そんなたくさんの専門学校の中から、どうやって自分に合った学校を選べばいいのでしょうか。

選び方のポイントとしては、通いやすさと合格実績です。1年前後通い続けることになるので、通学のしやすい距離にあるかということや、授業に出るにあたって出席しやすい時間帯の授業になっているかということが重要です。学校によっては、夜間コースがあったりと時間帯を選ぶことができるようになっているところもあるので、自分のライフスタイルを考えて選ぶと良いでしょう。

また、せっかく通っても合格を目指せるような綿密なカリキュラムでなければ意味がありません。大手の学校は比較的安心であるところが多いですが、まずはどれくらいの合格率を誇っているのかということや、クチコミなどもチェックしてみるといいでしょう。社会人の方や大学生の方など、なかなか勉強する時間がとれないという方は、授業以外にもフォローをしてくれるような学校を選ぶのもポイントです。気軽に質問できるような環境であったり、個別でサポートしてくれるような体勢があったりとすると安心ですね。

まずは学校の資料請求をしてみるといいでしょう。そこから更に絞って、学校が行っている無料の体験授業などに参加して、雰囲気を体験して自分に合ったところを探してみましょう。

メリットとデメリット

公務員になるために学ぶ方法には、専門学校に通う他にも、通信教育や独学などという方法があります。その中でも、専門学校を選択するメリットは何でしょうか。そして、デメリットはあるのでしょうか。専門学校のメリットとデメリットをご紹介します。

メリットとしては、やはり資格取得に向けて無駄なく効率の良い学習をすることができるということです。特に公務員試験は、広く浅く学ぶことが重要であるため、ポイントを絞って学習していかなくてはいけません。多くの合格者を排出している専門学校は、そのノウハウをよくわかっているため、合格に必要な勉強方法のポイントを絞って学んでいくことができます。学校が組んでくれた授業をこなしていけばいいという安心感もあるため、自己管理が苦手な方には特におすすめです。

デメリットとしては、通うために高額なお金がかかることと、学校に通うためにまとまった時間が必要になるということです。学校によっても異なりますが、それなりにまとまった費用が必要となります。自分でテキストを購入するだけで良い独学に比べると、何倍もの費用がかかってしまいます。また、学校に通うための通学時間や、授業に出るために比較的まとまった時間が必要となります。仕事をしている人や、大学などに通っている人の中には、自由な時間が確保できないというストレスが出てくるかもしれません。そういう場合は、通信教育を選んだ方が、時間の自由が利くようになります。

公務員専門学校とは

公務員の専門学校とは、難易度が高い公務員の資格試験を目指すためのカリキュラムが組まれた学校です。公務員の試験は、幅広い分野からの出題がなされるのが特徴です。職種によっても異なりますが、30科目ほどが出題されるとされており、これほどまでに幅広い分野の勉強をするためには、独学ではまず難しいとされています。そのため、専門学校や通信教育などのツールを活用して試験の合格を目指すのが一般的とされているのです。

公務員の専門学校は、自分が受ける職種の試験の授業を、およそ半年から1年ほどで学ぶようにカリキュラムが組まれていることが多いです。その間、専門の講師が効率よく指導をしてくれるため、無駄なく学んでいくことができます。

参考HP《公務員専門学校 – 大原学園
国家公務員や警察官を目指せる専門学校のサイトです。

多くの合格者を出しているような実績のある専門学校であれば、合格のノウハウを学校が理解していますし、合格者からの情報なども多く入手しているという強みもあります。専門学校によっては、夜間クラスがあったりするため、今通っている大学と両立して通うこともできますし、会社帰りに学ぶこともできます。このように、専門学校によって色々な通い方ができたり、強みがあったりするので、自分に合ったものを選ぶことができるのです。

専門学校で資格取得

不況である現在、公務員になることを目標としている方は、学生さんはもちろんのこと、再就職として目指される方も決して少なくありません。親御さんの中にも、我が子を公務員にさせたいと思っている方は多く、公務員の人気の高さがうかがえます。そんな公務員ですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まずは何といっても雇用の安定性です。会社員のように、会社の倒産やリストラというリスクがほとんど無いため、基本的に就職してから丁寧まで働くことが可能です。そして賃金に関しても、平均的な給与に対して公務員は高めに設定されていることが多いです。こうした安定した雇用形態と、給与の安定性から、公務員を目指す方はたくさんいます。

次にブラック企業や過労死などが問題視されている中で、公務員はきちんと有給休暇を取得することができたり、過度な労働をさせられるようなことが少ないです。特に有給休暇に関しては、新規採用であっても1年目から取得することができたり、また他の企業のように有給休暇があっても使いづらいということも少ないです。産休や育休などもしっかりと取得できるため、女性が働きやすく復帰しやすい環境も整っています。

そして社会的信用が高いというのも公務員のメリットでdす。社会的信用が高いということは、住宅ローンなどの審査やカードローンの審査なども通りやすくなっています。人によっては、結婚や婚活に有利に働くこともあるかもしれませんね。このように公務員にはたくさんのメリットがあります。しかし、公務員になるためには資格取得が必須であり、それは簡単には取得できるものではありません。そのため、公務員資格を取得するために専門学校に通う方もたくさんいます。ここでは、公務員資格取得のための専門学校についての情報をご紹介します。